1. TOP
  2. 口臭予防
  3. 舌苔・舌磨き
  4. 歯垢がたまりやすいあなたへ!歯垢の取り方について

歯垢がたまりやすいあなたへ!歯垢の取り方について

 2016/10/12 舌苔・舌磨き   8,248 Views

 

歯垢の取り方とは?

shutterstock_320651441
歯垢ってプラークのことですね、プラークコントロールとか言われるやつです。

で、その歯垢の取り方と歯垢がたまりやすい原因について先に書いてみます。

歯垢は細菌の塊で歯垢1mgの中には数億という凄まじい量の細菌が棲みついています。

歯垢中の細菌は、食物中の糖分を栄養源にして増殖を続けますので歯磨きをしないと口の中でどんどん繁殖し次第に硬くなっていきます。

歯垢はできたばかりのころは非常に柔らかく取りやすいので歯磨きをちゃんとやれば歯ブラシの届く範囲であれば
カンタンに取ることができます。

ただし、奥歯の裏、歯の間などは歯ブラシの構造上届きにくく、それらをそのまま放置することでどんどん固くなり、唾液中のカルシウムと結びついて歯石になってしまいます。

歯石は歯ブラシのブラッシングだけではなかなか取れなくなるので歯医者さんで取らなければいけません。

なので歯垢は歯石になる前にブラッシングなどで落としておかないといけません。

shutterstock_130972481
歯石は大きいものは歯ブラシではなかなか取れないから歯医者さんに行くのがおススメ

ただし歯磨きは長年のくせや歯の形状にによって一部だけ磨けていない部分が発生してしまうことが結構あるんです。

その部分は歯垢が歯石となりやすいので磨き残しは注意したいところですね。

そんな時はテレビなどでよく見かける歯垢が赤くなってわかりやすいとある薬品が便利です。

歯垢がわかる赤い液体の正体は歯垢染色剤

テレビでよく「磨き残し」をわかりやすくするために赤い薬品で歯を染めた画像がでてきます。

これがプラークチェッカーで、歯垢染色剤、プラークテスター、カラーテスターと呼ばれ、色も赤いものから青いものまでいろいろあります。

716hukqukel-_sy679_

赤くなりますが、食用にも使われる着色料です。

 

これを使うとカンタンにどの場所に歯垢があるかわかるだけでなく、自分のブラッシングがどこがあまり磨けてないか?などがわかりますので綺麗に歯垢を取るためにも一度ためしてみるのもいいですね。

歯垢染色剤は歯磨き後にしてみると自分では磨けてると思ってる場所でも意外と磨き残しがあるので、その部分をしっかり磨くように意識するだけでも歯垢を多く落とすことができます。

歯垢をきれいに取るには?

歯垢を取るためには歯ブラシ、そして歯間ブラシが大事です。

歯垢は主に歯の根元や歯と歯の間につきやすくなっておりこの部分を重点的にやる必要があります。

特に歯と歯の間は歯ブラシが届きにくいために歯垢がたまりやすく場所によっては歯石になってしまってる場合もあります。

この場所は食べかすが詰まりやすくそれに歯垢が付着する場合もあるので歯間ブラシでしっかり清掃しましょう。
img_1138c
また、歯ブラシの場合、硬めの歯ブラシで強く押しつけて血が出るかと思うくらいガシガシ磨く人がいますが、これは間違いで歯茎を傷つけて後退させてしまう恐れもあります。

歯垢をちゃんととるには普通の硬さの歯ブラシで優しく時間をかけて磨く方が歯垢がしっかり取れるんです。

電動歯ブラシなどは手では取り切れない部分の歯垢も短時間で取れるのでいいですね。
shutterstock_73836316

また歯間ブラシもなるべくたくさん除去できる幅広タイプがおススメです。

歯垢がたまりやすいのであれば食後は歯間ブラシで歯の間もしっかり清掃しましょう。

歯垢がたまりやすい原因

 

甘いもの食べ過ぎ


糖質を取ると歯垢がたまりやすかったりします。

口の中の細菌は糖分を餌に歯に歯垢を付着させます。
しかもこの作り出された歯垢にはいろんな菌が住み着きます。

この中には虫歯菌であるミュータンス菌もいるため糖から酸を作り出し歯を溶かしていくわけです。

歯間ブラシなどで清掃しないと歯と歯の間ではどんどんこの現象が進み、虫歯や悪臭を放つ場合があります。

体質的に歯垢がたまりやすい場合はなるべく食後は歯磨きをするなどするのがベストですね。

というか歯垢がたまりにくい人であろうが歯の健康を考えると食後の歯磨きは必要です。

唾液不足

唾液は加齢、体の酸化、疲れ、ストレス、体調不良など様々な理由で少なくなります。

唾液に含まれる成分は細菌の繁殖を抑える効果がありますが、唾液が減ることで菌を抑える効果が弱まり、歯垢がたまりやすくなります。

また口の中の菌が増えることで舌苔が増えたり、口臭そのものがきつくなります。

歯垢や口臭を抑える目的でも唾液はたくさん出るように、そして唾液の質の改善が必要です。

>>唾液の質を変えて口臭を驚くほどなくす方法

\ SNSでシェアしよう! /

体臭ラボサロン 消えない口臭・体臭の予防と対策の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

体臭ラボサロン 消えない口臭・体臭の予防と対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

管理人紹介 管理人一覧

ぽよしげ(太田 将成)

ぽよしげ(太田 将成)

歯科技工士、その他海外勤務などいろんな経歴があります。 体臭や口臭でいじめられた経験から「同じ悩みを持ってる人の役立つことしたいな・・」っておもってこんなサイト作ってみました。 趣味は格闘技、水泳です。

現在は海外をメインに暮らしてます。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 唾液を出す方法とは?唾液の質を変えると口臭はここまで変わる

  • かほりのおめぐ実※150倍濃縮シャンピニオンが今だけ500円で手に入る

  • 加齢口臭の対策とは?誰でもどんどん口はクサくなる?

  • 歯磨きしても口臭が消えないならこの方法!

関連記事

  • 喉が臭い?喉から出る口臭の原因と対策について

  • 舌磨きすぎ!それは口臭がひどくなる原因?舌磨きの頻度と方法

  • 舌苔が取れない?喉の奥の舌苔の取り方とは?